職場の問題とよくある法律相談

職場の問題でよくある法律相談

職場の問題とよくある法律相談
職場の問題でよくある法律相談をいくつか挙げてみます。残業代が支払われないケースはよく耳にします。残業代は1日8時間を超える時間を働くと、割増賃金として25%を会社は支払わないといけません。ちなみにですが深夜労働の場合は25%、休日出勤の場合は35%と、それぞれ手当てがつきます。これらは法律で決められていますので、残業代や手当てが支払ってもらえないとなると、専門家に相談するのが妥当のようです。

会社が賃金を支払ってくれない場合も法律相談として多いようです。賃金の支払い方法は、月に1回以上支払うことや、通貨で支払うことが大前提となっております。賃金の未払いがある使用者は30万円以下の罰金を支払うことになります。労働者の方として未払いの賃金が発生した場合は、専門家に相談することが多いようです。

パートやアルバイトで働く場合でも、有給休暇は取れるのかといった相談もあるようですね。パートやアルバイトで働いていても、週5日以上の出勤と30時間以上の労働をしているのでしたら、正社員と同様に有給休暇を取得する権利が発生してきます。この辺りを知らない方が多いようですが、分からなければ相談するのがいいでしょう。もちろん、自分に有給休暇を取得する権利があるのなら、専門家に解決してもらうのがいいですね。